BellSystem24

ENGLISH

MESSAGE ラボ設立趣意

AIの登場によって、画像認識、自動制御等の世界では人間の能力を超え始め、適用領域は拡大し続けています。カスタマーサービスもAIによって劇的な変化を遂げると思われましたが、普及率、活用レベルは高い状況ではなく、発展の道筋も定かではない状況です。それは、運用現場が簡単に利活用できるレベルまでAI製品技術が深化していないためです。

ICS Lab.では、長年蓄積したコンタクトセンター現場での運用ノウハウと、AI・自然言語処理・アナリティクス・ビッグデータなど新たな技術領域を組み合わせた「機械知能(Machine Intelligence)」の独自開発によって、「ヒト」と「新技術」を融合させた「次世代コンタクトセンター」を構築します。

この活動を通し、新時代を切り拓き、お客さま、働くコミュニケーターをEmpowerし、喜びと感謝に溢れる世界を創ります。

NEWS ニュース

2021.06.01
「Mopas®(モーパス)」導入事例の紹介

共同研究先のソニーコンピュータサイエンス研究所のウェブサイトで導入事例が掲載されました。以下のリンクよりご確認いただけます。

くわしくはこちら

2021.4.19
『クイズAI王〜クイズAI日本一決定戦〜』に参加

2021年3月19日に開催された言語処理学会第27回年次大会(NLP2021)のワークショップ『クイズAI王〜クイズAI日本一決定戦〜』にICS Lab.のエンジニアチームが参加しました。クイズ問題に対する正解率を競うことで、質問応答研究を促進させることを目的としており、以下の2種類のコンペティションが用意されておりました。

  • 期間中に配布された評価データを使ってスコアを競う前哨戦
  • 当日に配布される評価データを使ったライブコンペティション

結果は惜しくも22チーム中、前哨戦で2位ライブコンペティションで4位、という結果でした。今回のクイズAI王にあたっての我々の解法については、ワークショップ当日に使用した資料にまとめておりますので、以下をご参照ください。

発表内容(PDF)

前哨戦の順位表

数少ない日本語のデータセットを用いたコンペティションで、他の参加者の方々の試行錯誤も含め、実践的な学びを多く得ることができました。主催者・参加者の方々にお礼申し上げます。

言語処理学会第27回年次大会(NLP2021)
https://www.anlp.jp/nlp2021/

『クイズAI王〜クイズAI日本一決定戦〜』
https://www.nlp.ecei.tohoku.ac.jp/projects/aio/

2021.1.26
より直感的なインターフェイスによる操作性向上を図った新UIをリリース

<新UI>

▼管理画面上でのAI検索ページ

管理画面上でのAI検索ページ

▼ログ分析後のFAQ作成画面

ログ分析後のFAQ作成画面

■デザイン・開発コンセプト
シンプルで迷いが少なく、操作していてストレスなく使えるユーザーインターフェース(UI)をコンセプトにデザインし、直感的なUIを実現できるように開発しました。

■新UIの特長
数多くの情報をより簡潔に表示するため、各所にアイコンを配置し、全体的に柔らかい丸みのあるオブジェクトやアイコンで構成することで情報の多さを感じさせないようにしています。また、階層的な機能を直感的に操作できるようにするため、シンプルなページ構成やナビゲーションにすることにより、階層構造をよりシンプルにしました。

カラムやページの構成をカード型でグルーピングすることにより、情報の見やすさはかなり向上しており、裏側で動いている処理の複雑さを感じさせないような、シンプルで迷いが少ないUIになっています。

2021.1.26
AI検索エンジン「Mopas®(モーパス)」のロゴを発表

<ロゴデザイン>

■ロゴに込めたメッセージ
Mopas®は「高精度なAI検索エンジン」です。"M"は機械知能のMachine Intelligence、"opas"はフィンランド語で「導き」という意味を組合せた造語になります。これらを踏まえて「先進的な技術で人々を導きたい」という想いを体現したのが今回発表したロゴになります。ICS Lab.はこのロゴと共に、より多くの企業やオペレーション現場の人々の役に立つ研究・開発を進めていきます。

■色合いとデザイン
カラーはMopas®の共同開発者である2社のコーポレートカラーをコラボレートしています。デザインはグラデーションをもちいてエッジを効かせることによりシャープでスタイリッシュな印象にし、「先進的な技術で人々を導く」を体現することを意識しました。

2020.11.18
当社の社内問合せ業務の効率化を目的にCTCFC社にてMopas®の活用開始

KEY PROJECT 活動内容の紹介

AI検索エンジン「Mopas®

独自開発の*メール業務削減を支援するAI検索エンジン

*株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所とベルシステム24HDの共同研究の成果

AIナレッジメンテナンス「Knowledge Creator®

現場でナレッジメンテナンスを可能とするAI検索エンジンMopas®との連携機能

TEAM 主要メンバーの紹介

所長 景山 紳介
株式会社ベルシステム24ホールディングス 執行役員CTO・CIO
同イノベーション&コミュニケーションサイエンス研究所 所長

執行役員として事業戦略部、CTO、CIO及びCSR領域を担当している。これまで、AIによる社内データの分析と業務への適用を拡大し、先端技術を活用した新しいビジネスモデルを作り様々なパートナーとのアライアンスにより検討を進めてきた。大学院では原子核工学を専攻し、米国大手コンサルティング会社などを経て現職となる。人工知能学会 正会員。

共同研究所長 ミカエル・シュプランガー
株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 リサーチャー
株式会社ソニーAI 最高執行責任者(COO)

専門分野は人工知能、ロボティクス。自然言語処理、ロボット工学、知能/知性の基礎研究などの分野で豊富な研究経験を持つ。ロボットが子供のように言語を学習するシステムや、バイオメディカルの論文を処理し、新しい科学的仮説を予測する大規模なシステムなど、自然言語処理技術を用いたシステムを数多く手がけてきた。