CRM TECHNOLOGY コールセンター CRMテクノロジー

ベルシステム24では、クラウド型CRM基盤
BellCloud®をベースに、コールセンター活用を推進する
様々な先進テクノロジーソリューションを提供しています。

OVERVIEWテクノロジーソリューション全体像

ベルシステム24では、コールセンター運営・活用に有効な各種のソリューションをご提供しております。提供形態は弊社クラウドサービス上でのASP提供やオンプレミスでの導入など、お客様の環境やニーズに合わせて選択可能です。各ソリューション詳細は、以下の全体像の該当箇所よりご確認ください。

TECHNOLOGY MAPテクノロジーソリューションマップ

ベルシステム24のテクノロジー戦略においては、コールセンターに必要な各種テクノロジーをカテゴリごとのビルディングブロック形式で構成・提供しており、ニーズに合わせて選択・組み合わせが可能です。また今後も新たなテクノロジーに基づき、ソリューションを拡張してまいります。

MERITBellCloud®の活用メリット

またBellCloud®はクラウド型としての特徴を活かし、柔軟な体制構築や従量制での金額体系など、
お客様のニーズ・業態に合わせてご活用が可能です。

RESULTBellCloud®の導入効果の一例

CASE STUDYBellCloud®の導入事例

BellCloud®は弊社内15,500席超の運用実績の他に、外部の企業様への豊富なご提供実績があります。

導入企業様業種席数内容
サントリービバレッジ
ソリューション株式会社 様 suntory
70席 コールセンター新設に伴うシステム新規導入にBellCloud®基盤を採用。将来の変動が見込まれるセンター規模への柔軟性を獲得。
楽天証券株式会社 様 楽天証券株式会社 170席 コールセンターシステムの全面更新に合わせ、クラウド環境を基軸にシステムを最新化。自社の運用負荷の軽減と、変動費化を目指す。個別開発によるIVRシステムも提供。詳細はこちら
日本マルチメディア
サービス株式会社 様
70席 オンプレミス型PBXの老朽化とともに、オンプレミスのバージョンアップコストからの解放を目的としてクラウド環境への移行を検討。コスト面、サポート面からBellCloud®の導入を決定。詳細はこちら
CTCファーストコンタクト株式会社 72席 コスト面、サポート面およびBellCloudRの将来へのロードマップを評価し導入を決定。
現行システムとBellCloudRの親和性が良く、システム運用負荷の軽減・運用コストの削減を実現。
流通 110席 今まで全国に分散していたコールセンターを統合し、お客様拠点と弊社拠点に集約。BellCloud®導入によって仮想統合センター化を実現し、運用の効率化を実現した。
不動産管理 100席 新センター構築に当たり、BellCloud® + FastHelpでのシステム構築。運用についても弊社が受託しており、業務とシステムサービスを同時にスタートする。
メーカー 100席 オンプレミス型PBXのバージョンアップコスト、専任SEからの解放を目的としてPBX老朽化のタイミングで、クラウド環境への移行を検討。コスト面、サポート面からBellCloud®の導入を決定。
マーケティング 60席 お客様拠点にによる大規模センターにて、拠点PBXを廃止し、BellCloud®に切り替え。基本機能に加え、高度KPI管理等を利用する。
不動産管理 60席 オンプレミス型PBXの老朽化とともに、クラウド環境への移行を検討。Avaya機能を評価、さらに弊社運用との相乗効果を期待され、BellCloud®の導入を決定。
サービス 60席 お客様拠点と弊社拠点を仮想的に統合したコールセンターを構築。今まで分断されていた両拠点を統合することで効率的な運用を実現するとともにBCP対策も実現した。また、SalesforceとのCTI連携も導入。
サービス 30席 新機能の導入(全通話録音、CTI連携)、お客様拠点と弊社拠点の内線転送の実現。同一Nodeで提供することで、双方拠点間のシームレスな業務運用を実現。
メーカー 30席 弊社拠点にて受託していた業務を、お客様との接点強化のためお客様社内にセンターを移管。弊社が引き続きセンター運用を支援する際、弊社拠点にて利用していたBellCloud®を継続利用することを決定。音声関連基本機能から導入し、将来はKPI管理の高度化も視野に入れている。
小売 30席 事務用電話機を用いてコールセンターを運用していたが、PBXの老朽化とともに、コールセンター機能を導入するため、BellCloud®への移行を決定。
メーカー 30席 オンプレミス型PBXの老朽化とともに、クラウド環境への移行を検討。資産所有型から、サービス利用型へ移行することで、運用の効率化を目指し、BellCloud®の導入を決定。
情報通信 100席 当時、利用していたクラウド型PBXの機能やサポート内容に課題があり、BellCloud® + FastCloudサービスへリプレイス。業務内容拡大に伴い、センターも移転し、新センターでの導入を決定。