WHAT'S NEWニュース/お知らせ

2017.09.20
ニュースリリース

ベルシステム24の創立記念日である9月20日を日本記念日協会が「コンタクトセンターの日」として認定。タレントの大久保佳代子さんが「コンタクトセンター親善大使」に就任

株式会社ベルシステム24(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員 柘植 一郎、以下:当社)は、1982年に国内初のコンタクトセンターサービスを開始しており、この度、当業界の発展を企図し、当社の創業日である9月20日を「コンタクトセンターの日」として、日本記念日協会に申請し、同協会より認定されました。また、「コンタクトセンターの日」の制定を記念し、タレントの大久保佳代子さんがコンタクトセンター親善大使に就任しました。今後、大久保佳代子さんと連携し、当業界や働き方等に関する様々なコンテンツを、当社が運営するメディア「ジモタツ」を中心に展開し、幅広い層に訴求していきます。(URL:https://www.jimotatsu.com/special/Contact-center'sDay.html

コンタクトセンター親善大使 就任式

働き方が注目される現在、当社では、短時間および、シフト勤務等により、個人のライフスタイルにあわせた多様な働き方を取り入れてきました。大久保佳代子さんご自身も、タレント活動の初期段階を含め10年以上にわたり、当社コンタクトセンターで活躍され、お笑いの仕事との両立を実現されたという経歴を持っています。


大久保さんはコンタクトセンター親善大使就任にあたり、当時を振り返りながら「働きながら育児をするママや、芸人を目指す若者などがいて、ライフスタイルにあわせた働き方をしていました。ステップアップをしたい人は正社員を目指すこともでき、安心して働く事が出来ましたね。」とコメントし、当社代表取締役社長の柘植は「今後も多様な働き方を受け入れ、安心して長く働ける環境を創出したい。」と、今後も多様な働き方を実現する職場環境の整備を進めていく意向を語りました。

当社では、継続雇用期間が6ヶ月を超えるコールセンタースタッフ約2.2万人を対象に10月より順次無期雇用化することや福利厚生制度の契約社員への適用拡大等、全ての従業員が安心して長期にわたり働く事の出来る環境を創出していくと共に、業界の発展を推進して参ります。


本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


【本件に関するお問い合わせ】

株式会社ベルシステム24ホールディングス 広報IR室
E-mail:pr@bell24.co.jp / TEL:03-6893-9827

お問い合わせはこちら

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe社のAcrobat Reader(無償)が必要です。