BellSystem24

ENGLISH

人権方針

我々はすべての事業活動及び取引に関わる人々の権利を尊重します

1. 人権に関する基本スタンス
我々は、事業活動及び取引に関わるすべての人々の権利を尊重します。国連の「国際人権章典」(世界人権宣言と国際人権規約)、「ビジネスと人権に関する指導原則」及び「国連グローバル・コンパクト」、そしてILOの「労働における基本的原則及び権利に関する宣言」等の国際的な基準及び、各国・各地域の法令等を遵守し、より高い基準の適用を常に追求していきます​
2. 差別のない職場と社会
我々は、国籍、人種、民族、出生国、出身地、皮膚の色、宗教、思想・信条、言語、性別・性自認・性的指向・性表現、年齢、障がいの有無、婚姻、妊娠、健康状態、雇用形態、社会的身分などによる差別をすべての事業活動及び取引において行いません
3. 安心できる安全な職場
長時間労働や強制労働などの無い適切な労働環境と安全衛生を確保し、あらゆるハラスメントを禁止します。また、ILO等の国際機関で定義されている労働原則・規定を遵守し、強制労働や児童労働を排除し、結社の自由及び団体交渉権等の権利を尊重します。また、最低賃金以上の適切な賃金を公正に支払うとともに、同一労働同一賃金の原則を保持します
4. プライバシーの保護
従業員やクライアント、最終消費者などの事業活動及び取引に関わるすべての人々のプライバシーの保護を確実に行います
5. 課題の把握と改善
事業活動及び取引における人権に関わるプロセスを把握し、顕在的・潜在的な課題を人権デュー・デリジェンスにより特定・評価し、是正やリスク除去のための取り組みを行います。また、内部からのみではなく社外からの苦情などの声をすくい上げる苦情処理メカニズムを維持し、必要な場合に救済を行い、全体方針に反映させるサイクルを確実に運用していきます。取り組みの透明性を高め、社内外への内容の開示や対話を適切に行います
6. 取引先へ人権配慮の働きかけ
我々は、お取引のあるすべての企業や個人のお客さまに対しても、人権の尊重を働きかけていきます
7. 教育・啓蒙
すべての役員と従業員への人権研修を通じて、人権保護の重要性の周知・理解を促進し、日常の事業活動や取引の中へ具体的な活動が組み込まれるよう浸透を図ります
8. 責任者
我々は本方針に責任を持つ担当取締役を明確に定め、実践を担保するために取締役会による監督を行います

2022年4月1日改定
株式会社ベルシステム24ホールディングス
人権担当取締役 副社長執行役員​
早田 憲之